Open CVのためにMac初期化

前の仕事退職前からPythonや機械学習を勉強しようと思って、何冊か本を買って勉強中。それぞれの本に忠実にPythonをインストールしたり、もともと研究や仕事で使っていたQGISのPythonも(たぶん)あって、Macの中はゴチャゴチャ。 そんな中、すぐに使える! 業務で実践できる! Pythonによる AI・機械学習・深層学習アプリのつくり方の第3章に取りかかろうとしてopenCVが動かずにスタック(実際には前のMacでは動いていたけど、12月に買い替えたMacで動かない…) インストーラーパッケージでインストールしたAnacondaのJupiter Notebookを使っているけれど状況はJupyter NotebookでopenCVをimportしようとすると”ImportError:No module named cv2″が出てしまうの記事と同じ。 とすると、 となる。 上記記事では、condaを使ってとなっているけれど、残念ながらcondaもうまく動かず。(この時点で、anacondaをどうインストールしたかも記憶なし…)condaがないことについては、anacondaをインストールしたのにcondaコマンドがなかったにやり方があったので、同じように としてたしか動くようになった(記憶なし…) でもOpen CVをインストールできず。仕方なく、いちどAnacondaを消してみようとanaconda-cleanを使ってアンインストール(Anaconda3をmacOSから完全にアンインストールする方法)。それから再インストールはhomebrewも使ってなにかに忠実にと思い、HomebrewのインストールからpyenvでPythonのAnaconda環境構築までメモを参考にさせてもらい、Anacondaもコマンドラインでインストール。 が、やっぱりOpen CVをインストールできず。さらにはcondaも動かせなくなる。どうにも手詰まり。もうこうなれば最初からきれいにインストールしようとMac初期化を決行。 ↑ここまで背景 で、なにかに忠実にインストールしておこうと思い、Anaconda を macOS にインストールする手順を参考に、Homebrewもpyenvも使わずにインストーラーでインストール(とりあえず現時点では違うバージョンのpythonなど使う予定はないし)。 環境は以下の通り インストール後、ターミナルで とすると、返ってくるのは ここはこれまで色々調べてきた中で、ターミナルがbashからzshになったのが理由ということで、macOS CatelinaにAnacondaをインストールする(zshでの不具合対応)を参考にさせていただき、ターミナルで、 としてファイルを作成。 で、ファイルを開いて、 と記述して保存。最後に、 これで改めて とすると と出てきた。 ようやく使えるように。。。肝心のOpen CVはとりあえずAnacondaのEnvironmentsからインストールしてJupiter Notebookでは使えるようになった。(ターミナルからはまだ…) どうインストールするか、事前によく調べて、どうインストールしたか記録しておくのはホント重要と思ったものです。 QGISも改めてQGIS 3.10.2 ‘A Coruña’をインストールして無事に今のところ動作してる。